忍者ブログ
精霊伝説:波紋を斬る者 ヴェル、災渦の日記 (+カヤ・ボーフォートのセルフォリーフの日記、アンジェリカ・ラッセルの偽島探検記+イシュケ、翠祀)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一瞬で町を通り過ぎる。
アンジェ姉に手紙を書く余裕も無い。
ただ走り抜ける。

目的は「はじめて」に出会うこと。
地図と周りの冒険者の動向を見て決めた。

この世界の情報は一瞬で駆け巡る。
その中に火喰い鳥の民に関わるような噂はない。
ならば・・・・「はじめて」のことに積極的に踏み込んでいくべきだ。
そう考えた。

無茶かもしれない。
負けるかもしれない。
無謀だとしか思えない。

それでも・・・・
「はじめて」に慣れておかなければ。




最初の1ヶ月は準備期間。
そのあとは未知の場所、未知の何かを探しに行く。
だからこそ・・・・この準備期間にも「はじめて」のチャンスを見逃してはいけない。

誰も立ち止まったことのない場所。
誰もいない場所。
誰も行ったことのない場所。

この先も切り開いて行かないといけないのだから。

炎と共に私は進む。

この先に未知がある。
未知に会う為に町を駆け抜ける。



・・・・・ふとムスクの香りがしたような気がした。


「ひょっとして、ぱなどさん?」


近くにいるのかもしれない。
だけど、探している時間はなかった。




走って走って、ようやく目的地に着いた。
おそらく同じ目的を持っているであろう人たちがたくさんいた。



平原


ここに来てから森→砂地→森と抜けてきた。
平原ははじめてだ。





カヤ「ここなら出来るかも。」




青い花を集める。
集めて火の力を借りて香りだけを取り出す。

ラベンダーのような香り
仄かに香る。


しばらくはこの香りをこの身につけていよう。

拍手[0回]

PR
お知らせ
このBlogは、六命、偽島関係のサイトからのリンクフリーです。
好きなようにリンクください。

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[03/21 ようかん@ケサ]
[08/21 ミリア(178)]
[08/20 アンジェリカPL]
[08/20 アンジェリカPL]
[08/18 ミリア(178)]
カウンター
ブログ内検索
バーコード
P R
アクセス解析
Copyright ©  -- 水の都 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]